BINGO BONGO GROUP



地区としてのインバウンドを考える

2015.02.19(Thu)【

本日18日から24日までは、中国の旧正月のお休みで7連休。この中国の旧正月の時期となると町も少しソワソワしてくるわけで...

天神や博多の商業施設は、何年も前から旅行代理店と契約をしてインバウンドの強化に取り組んできています。館内アナウンスも中国語は当たり前のように流れ、各施設毎に様々なお得なキャンペーンをうってるわけです。

昨日、大名のBINGOBONGOにも3組みの中国からのお客様がご来店されました。来店は予想していましたが、お買い上げに至らず。閉店後の終礼でも、明日(今日)からの取り組みをスタッフと話し、今日に望んでいるわけですが、早速開店と同時に3人の中国からのお客様がご来店。3点のアイテムをお買い上げいただいたようです。

大名地区は、天神と博多地区に比べるとやはりインバウンドへの意識が低く、これは個人的に機会ロスしてるなと感じてます。

観光客の方からすると、天神・博多地区は、安心して買い物をさせてくれる環境が整いつつあるのではないか、それに比べ大名は、お店に入っても言葉も通じない、接客もしてくれないのであれば、「あそこの地区に言っても駄目だよ」と成りかねないのではないかと。

弊社も最低限の英語を話せたり、中国語のプラカードをこの時期だけでも置こうかなど、スタッフ達が話していました。

機会ロスは、売り手側だけの問題ではなく、買い手側からしても「時間の無駄」に繋がることを強く意識しながら、お店作りはしないといけないなと改めて感じました。

今年は、一組でも多く中国からのお客様にも満足させたいと思っております。

chaina.jpg

写真は本文とは関係ありませんが、中国繋がりということで...。昨夜cafe dining bar ⑦で試食させてもらったエビチリ。ホテルオークラから転職してきた期待の若手コックが作るエビチリは、隠し味にジンを入れているので、芳醇な香りのする一品でした。近々メニューインするので、ぜひ食べてみてくださいね。



BINGO BONGO

Ace in the Hole