BINGO BONGO GROUP



音楽

いよいよ情報解禁!ASIAN NIGHT SUMMIT!

2016.08.24(Wed)
いよいよ情報解禁!ASIAN NIGHT SUMMIT!


福岡を首都とした「新アジア圏構想」を考え始めたのが2年前。その第一歩となるであろうこのイベントの開催にようやくこぎつけました。


ASIAN NIGHT SUMMIT - MANILA 視察 -

2016.07.19(Tue)
ASIAN NIGHT SUMMIT - MANILA 視察 -

今年の秋に、アジア各国からDJやミュージシャンを福岡に集めて「ASIAN NIGHT SUMMIT」というイベントを開催しようと只今いろいろ動いています。

このASIAN NIGHT SUMMITは、そもそもアジアの他の都市と比べて夜の観光資源が少ない日本において、クラブを観光資源として見直せるのではないか?という思いつきから動きだしました。

お隣韓国に行けば、観光スポットの東大門は24時間活動してるエリアですが、ファッションビルが開くのは夜の20時過ぎから朝まで。夜中の0時に行っても韓国各地から集まってきたバイヤーと海外から来た観光客でごった返しています。

2年前から訪れるようになった台湾でも、各地で夜市(ナイトマーケット)が開いており、どこの夜市に行っても1時過ぎとかでも賑わっているのは、アジア各国を旅行してる方ならご存知のはずです。

そしてクラブも、アジアのどこの国に行っても観光客と現地の人達が交わり朝まで熱気を帯びています。

このように、福岡にも夜の経済活動が増えればもっと良い町になるのではという想い。そしてアジアを通じてまだ誰も仕掛けたことがないイベントをやってやろうと思っています。ASIAN NIGHT SUMMITにおいては、これから徐々にベールを脱いでいきますので、お楽しみに。

さて、そんな中このASIAN NIGHT SUMMITのことも相談させてもらってるgrafのDJ CUNTAこと浅野さんが、MANILAでDJするということで、同行させていただくことになりました。目的はMANILAのクラブシーンの視察と現地クラブオーナーとのパイプ作り。


マニラは想像以上に高層ビルが立ってて、交通渋滞が半端なかった...。体感気温も40℃超え。三日目の昼には脱水&軽い熱中症にかかり、軽くノックダウンしかけました。


今回最初の視察となったのは、DJ CUNTAがゲスト出演したMAKATI地区にあるクラブ BLACK MARCKET。日本でいう音箱(良い音を求める箱)で、福岡で言えばKieth Flackのような箱です。

22時オープンで、なかなか人が入って来なかったので浅野さんに聞いたところ、この日のイベントは入場料金が700ペソ(日本円で1500円程度)で、その金額を払ってイベントに来るような現地の子達は少ないよう。初任給が日本円で2万円程度らしいので、それを聞くと納得ですね。


あまり動員できないかなと思っていたら、1時過ぎには会場はパンパンになっていました。思ってたとおりでしたが、来客のうち半分近くが欧米人で観光客ではなかろうかと。


BLACK MARKETでは、浅野さんがDJをして、同じく福岡のWOK 22もライブペイントを披露。音箱系にしては、音がもの足りないイメージ。来場者は品が悪い人らはいなく、比較的皆さん奇麗に遊んでました。というか、フィリピンの若い男子達はシャイな子が多い印象。笑


三日目。CUOVAという地区のgold diggerというセレクトショップとレコード屋が併設されてるお店で開催されたWOK 22のEXHIBITIONに同行。


会場の外にDJブースを設置しパーティーもスタート。MANILAを代表するRED-IもDJで参加。7inchセットはかっこよかったです。


隣のギャラリーでは、WOK22とAuggie Fontanilla(MANILA)のコラボのライブペイントも。この作品が最高に良かった!


ここでは、DJ CUNTAに加えて福岡からもう一人MINAMIがスピン。


CUNTAさんが回し終わって、数時間後にMINAMIがMAKATI地区の注目されてる箱「XX XX」でDJするということで、移動。残念ながらかっこいい箱でしたが撮影禁止の為、写真は無し。

今回、フィリピンを視察してみて感じたこと。まずは、やはり福岡からDJをアジアにアウトバンドさせていくには、DJ達が作品を制作することが重要。正直、今回もゲスト扱いであった二人だけど、二人が回す時間にフロアが盛り上がった印象は薄い。選曲やテクニックで言えば現地のDJやオーディエンスが好むものは、日本よりも2歩3歩遅れてる印象。福岡から出演したDJ CUNTAとMINAMIのほうが実力は圧倒的に上だけど、現地での知名度の差が出た感じ。

ホテルに帰ってずっと考えてたけど、それはそうだなと。日本からCUNTAが来るよ。福岡からMINAMIが来るよって現地のオーガナイザーが伝えたところで、作品がなければ説明のしようがないのだ。

曲を作って、YOU TUBEに挙げて、海外の人でも見れるようにすること。その重要性を改めて感じました。

福岡のDJやミュージシャンの皆さん、曲作って、良いMV作っていきましょう。笑

この他にも、いろいろ感じたことはありますが、それは会った人だけに話します。

それから、今回の視察で良かったことがひとつ。WOK22 x Auggie Fontanilla(MANILA)のコラボペイントを見てて、アパレルからの仕掛けの可能性もひとつ気がつきました。これはこれで楽しくなりそうです。


DJ RED-I 10min DUBSTEP MIX


RED-I 2008 DMC practice


RED-I Lost In Space ft.Camoi


Dproject - 福岡 大名と台北 東區(ドンチュウ) -

2016.06.21(Tue)
Dproject - 福岡 大名と台北 東區(ドンチュウ) -

大名と台北の東區という若者が集まる地区を、ファッションを通じて姉妹地区に近い友好関係を築きたいなと思ったのが2014年の今頃。

その頃の考えは、一昨年の年末にgreenzさんにも取材していただきました。

その後ちょっといろいろと問題があってその活動を控えてましたが、NO!!の松本さんからお誘いいただき、先週末に久しぶりに台北に行ってきました。

松本さんからの相談は、今年の秋に大名と東區でそれぞれ一度ずつお互いのファッションや音楽シーンを紹介しあえるクラブイベントをしたいというもの。

それならばと一度今の台北のシーンを肌に感じてみたいと思ったのが台北に渡った理由。


台北の東區(ドンチュウ)という町は、福岡市でいうと大名に凄く似てる地区。感度高いアパレルや飲食店がひしめきあい、若いオーナー達が夢を掴む為に切磋琢磨してる場所です。駅を降りてすぐにゴーストバスターズがお出迎え。アメリカ好きの僕にはたまらない。笑


残念ながら雨だったので写真はこの一枚しか撮れてないですが2年ぶりに行った東區は、前よりもファッション性が日本よりになっていて(以前は韓国より)洗練されてる感じがしました。


初日の夜は東區地区のアパレルシーンをまとめてるERICK、台北で今注目を集めてる人気デザイナーStars、その旦那さんであり音楽プロデューサー/DJをしてるStarr Chenと打ち合わせ。

今回のイベントをするにあたり可能性がどれぐらいあるかを中心に、お互いの今のシーンについて意見交換ができました。

なんとこのStarr Chen。台湾の歌姫 蔡依林と日本の安室奈美恵がコラボした曲「I'm Not Yours」を作った人物で、台北市からもミュージシャンとして助成されてるほど。

彼を福岡に呼びDJをしてもらうことや、福岡のアーティストに楽曲提供してもらう働きをしていくことが僕のひとつの役目ですね。

また同じように彼がレジデントDJを勤めるクラブOMNIに、福岡のDJやバンドを連れていって台北の感度高い人達に紹介するのも、また同じ大きな役目。

そのOMNI。最近世界のクラブを比較するコンテストで世界的な賞をとりアジアを代表するクラブになったばかり。


照明、映像、サウンドシステム、どれをとっても福岡のクラブよりは一歩も二歩も先を行ってます。



パーティーがあってる日は、いつも1500人〜2000人(平日でも)動員があるそう。アジアのクラブは日本よりも設備投資に長けてるし、観光スポットとして成立ってる。これはアジア各国に比べて夜の観光施設がない日本は参考にすべきだと思う。

今回行って改めて、この二国間で交流ができたら良いなと思ったし、最近福岡のアンダーグランドシーンで活動してるDJやバンドは、韓国やフィリピンなどのミュージシャンと個のレベルでは交流を活発化してます。

音楽シティと声高々に掲げてる福岡市。しかし残念ながら大型イベントは増えていますが、そこに出演するミュージシャンは東京から呼ぶ大物ばかり。そろそろ地元のみで外からも集客できる基盤作りを始めるべきではないでしょうか?

ファッションのシーンから見ても、海外のマーケットを意識する時期には確実にきています。弊社が運営するBINGOBONGOは大名の中では良い場所に位置してるおかげか、一日の来店数の1/3〜半数はインバウンドです。インバウンド消費もモノからコトへ確実に移り、大型商業施設が集まる地区だけではなく、確実に路地裏にある大名にも足を運ぶ方々は増えています。この機を逃すのは凄く勿体ない。

そして...

これからの福岡はインバウンドだけでなく、アジア各国へアウトバンドするシーンの育成が急務。アウトバンドでいうと飲食だけが元気ですが、アパレルと音楽も必ず受け入れられると思います。そのシーンをこのイベントをきっかけに作っていければと思っています。

ちなみに今「Culture Collection」というプロジェクトも水面下で動いてるいるので、このプロジェクトとDprojectがリンクできればと思っています。

この活動は、今後ブログにアップしていきますので、気になる方はチェックしてくださいね。


この曲がStarr Chenが作った曲。この曲は少しEDMよりですが彼は元々HIPHOP好きのラッパー。今後、何が一緒にできるか楽しみです。


か く し ん

2016.06.14(Tue)
か く し ん


いよいよRETHINK at KIETH FLACKまで10日となりました。


6月25日からKIETH FLACKでレギュラー再開

2016.05.09(Mon)

福岡を代表するクラブ KIETH FLACKが、6月24日からオールナイト営業を再開します。


CIRCLE2016とGLASSY MUSICとSAMURAI DOG

2016.05.06(Fri)

皆様、ご無沙汰しております。



かもめのグリル

2016.04.24(Sun)
かもめのグリル

仕事の合間に少しだけ、前から気になってた「かもめのグリル」に。


昨日は大雨で大変みたいだったらしいけど、今日は晴れて良かった。僕もSEA PICNICを経験したから分かるけど野外イベントをする時、開催日2週間ぐらい前から天気が気になって精神的にかなり追い込まれます。


福岡を代表するBMXライダーの太郎さんのパフォーマンス。このBMXのパフォーマンスを来場者が食い入るように見ていたのが印象的でした。

商業地区、商業施設がまったく関係ないところで開催されてるかもめのグリル。このイベントで感じたことあるので、今後に活かせたらと思います。


SUMICO君の2nd。今日TROOP RECORDSでゲットしましたが九州を代表するMCをfeatとした前作とは対照的に激シブなインスト仕上げ。埋もれてほしくない福岡の才能です。


SEA PICNIC

2016.04.06(Wed)

4月2日、3日の二日間、ボートレース福岡で開催されたSEA PICNIC。


2015.1.30 金曜日 雨 - 18:13 -

2015.01.30(Fri)
2015.1.30 金曜日 雨 - 18:13 -


いよいよ明日です。


2015.1.27 火曜日 曇り - 20:40 -

2015.01.27(Tue)
2015.1.27 火曜日 曇り - 20:40 -


いよいよ今週末に迫りました


GABBA GABBA HEY! in FUKUOKA

2014.10.31(Fri)
GABBA GABBA HEY! in FUKUOKA



いよいよ来週金曜日に迫った GABBA GABBA HEY! in FUKUOKA

前回の三上博史さんに続き、今回も「超」がついちゃうほどのスペシャルゲスト。TVシリーズ 初代ルパン三世のテーマのボーカル「チャーリー コウセイ」さんが登場!

冷牟田さんが東京スカパラダイスオーケストラ在籍中に、ルパン三世78をカバーしたのは皆さんご存知かとは思います。


今聴いてもかっこいいアレンジです...名カバー。

今回は、THE MANで「ルパン三世のテーマ」をアレンジ。どんなアレンジになるのか楽しみがすぎます。


ギター一本のソロも聴かせてくれることでしょうし、THE MANが加わってのスカカバーで爆発するんだろうな...


あ、ちなみに昔のルパン。youtubeで結構見れるのでぜひ。



putti 20140915

2014.09.12(Fri)
putti 20140915

奇数月第三月曜はputtiですよ


最近何回かさぼってたおかげでフライヤーに名前も載せてもらえず...。補欠入り決定。

今回はゲストに、DJ的にも人間的にも愛すべき人キースのヒッキーくんがゲストということで、踊り狂いたいと思い〼

puttiのフライヤー、毎回可愛い。今回もsatiくんのドローイング。彼の個展をそろそろcafe dinig bar ⑦で開催予定なので、またお知らせしますね。


今回のフライヤー。


こういう遊び方もできるのだ。

では、皆さん15日に。


9月のあるビックプロジェクト。

2014.06.25(Wed)
9月のあるビックプロジェクト。


1年に1度あるかないかの「毎日ブログを書いてみようかな」気分突入中なわけです。ということで、今日はLAX Airportのラウンジから。決して3時間の待ち時間を持て余してるわけではないのであしからず。

Facebookやtwitterで、僕と繋がってる方はご存知の方もいらっしゃると思いますが、そうでない方もこのブログを1人か2人ぐらいは見てると思うし、待ち時間3時間暇だし(笑)...ここでも書いておこうと思います。

先日のブログでもお伝えした9月に開催するAce in the Holeの10周年イベント。その同日に開催予定のビックプロジェクトが進行中です。というか、Ace in the Holeの10周年イベントBINGOBONGOSOUNDSもそのプロジェクト内での開催になります。

僕の耳に入った情報によると、福岡の町で密かにある計画が進行中らしく、このプロジェクトもその計画の一部になるもの。


今回話をふってくれたのは、西鉄の松尾さんとBEAの永尾さん。このお二方、知る人ぞ知る福岡の音楽業界の最重要人物。このお二方が居なければ、皆さんご存知の海ノ中道のフェス『CIRCLE』や能古の島のフェス『ノコノコロック』は生まれてなかったと言い切れる方々。そのお二人と先日から打ち合わせを重ねてる日々。

詳しくは、いろいろなことが決定してからのお知らせになると思いますが、ざくっと言うと天神と大名が音楽を軸に手を組むイベントですが、「ファッション」や「食」においても交流できれば良いなと創造を膨らませています。

まずはその軸になる音楽のことでアメリカ渡航前に、志高い先輩方にまずは協力のお願いにあがりました。


STEREOのオーナー 渡辺さんと児玉くん


brickのオーナー 布巻さん


Corduroy Cafe&Thanks Giving Dayのオーナー 岡さん

現在決まってる時点で、上記3店舗とROOMS、LIV LABO、そして弊社のcafe dining bar ⑦の大名6店舗とIMS HALL。まだまだ大名側のお店は帰国後に相談に回って増やしますが、数が多ければ良いって訳でもないので、最終的には12店舗ぐらいに納まりそうです。

この日、大名に人が溢れることを信じてやまない面々で、仕掛けを作っていきますのでお楽しみにです。

この天神と大名の歩みより。

天神の商業施設に入居してる東京資本の大型セレクトショップが、圧倒的な密集率で入居してるJR博多シティができてからというもの、天神の商業施設もようやく「独自化」「差別化」を計るために、地場の個性溢れる店舗にも目を向けだしてくれました。それによって他にない魅力を持ってる店舗が密集する大名や今泉という町が注目されてきているのは確かなこと。

いろいろな点において、大名、今泉が天神、博多より開業しやすい場所であるのは確かです。独立願望のある多くの若い子たちのチャレンジできる町になり、そこで成功したものが天神、博多に吸い上げられる。そういう形になっていくのは理想型のひとつ。

先日リニューアルオープンしたソラリア6Fのフロアにも、沢山の地場の飲食店が入居しましたし、12月にオープン予定のPARCOの新ビルにも沢山の地場のお店が入ります。

弊社においても施設誘致の話も2年ぐらい前からいくつもいただいてますし、大名と一緒にイベントをしたいから協力してほしいという話を、9月以外でも持ちかけられています。

確実に賑やかさが戻ってきている大名。この9月のイベントが、その波に拍車をかけれるように頑張りたいと思います。大名の皆さん、今がチャンスです。皆で頑張りましょう。

*弊社も現在IMSさんで、天神のメリットデメリットを感じながらも、猛烈に勉強させていただいてます。今後、地場の個店である僕らが何をすべきかいろいろ気付きをいただいております。お誘いいただいたIMS 武井さんには感謝しています。ありがとうございます。



Ace in the Hole 10周年イベント

2014.06.23(Mon)
Ace in the Hole 10周年イベント

少し先の話ですが、9月にAce in the Holeの10周年を記念してBINGOBONGOSOUNDSを開催します。

Aceの周年イベントは2008年に行った4周年以来なので、なんと6年ぶり!!


憶えてる方もいてくださると思いますが、凄い面子。最近メジャーデビューを果たした浜野謙太と在日ファンクは、このライブが福岡初だったはず。


スチャダラパー with ハマケンが見れたのもなかなかレアだったですよね


このフライヤーは、2011年に開催したBINGOBONGO10周年の時のもの。出演者はアナ/スチャダラパー/Small Circle of Friends/曽我部恵一とおとぎ話/Tokyo No1 Soul Set/bonobos/Port of Notes(順不同)

このイベントを超えるイベントを作りたい!!

...

と、切実に思ってます。


頑張らねば。


ね!


20140607 冷牟田竜之 presents Pulp / SPゲスト 三上博史

2014.06.09(Mon)
20140607 冷牟田竜之 presents Pulp / SPゲスト 三上博史

20140607 冷牟田竜之 presents Pulp at Early Belivers

先週のPulpにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。今回で4回目の開催となったPulpですが、今までで一番熱い夜になりました。

トップバッターのMARRRちゃんの歌声を沢山の人に聴いてもらえたのは嬉しかったし、ADAMOSTE KINGSはド迫力の演奏と定評あるMCで会場を沸かせてくれました。

そして3回目の登場となるThe Explosion。今回はVoのリンゴくんが再びJamaicaに渡る前ということもあり気合いは本番前から凄く伝わってきていましたが、最高にかっこ良かった!本音で、今福岡で一番良いバンドだと思います。彼らと何か一緒に作れていけたら楽しいだろうなと、いつもライブを見た後に思う。そんな恋をしちゃうバンドが福岡に居てくれて嬉しい。聴いたことがない方は、ぜひ聴いてみてください。

そしてトリのTHE MAN feat 三上博史。

あの会場にいた全員が目撃者ですが、あんな「圧」がかかるライブは最近そうそう見れないはず。僕も人との繋がりもあって、いろいろなライブにお誘いいただくのですが、この2〜3年で見たライブの中では、一番熱かった。どれぐらい凄かったかというと演奏始まって4曲目にはステージ前の鉄柵が壊れるほどで、その際モニタースピーカーに足を置いてオーディエンスと鬩ぎあうTHE MANの演奏がこれまたカッコよかった。

THE MANが結成した当初から、福岡のライブは制作させてもらってますが、今回のライブ、乗っけから振り切ってた演奏は「成長」とかいう言葉では収まりきれない、まさしく「化けた」という言葉がぴったりくる表現。

そんな化けた8人の男達の中に、凛とした「いでたち」で降り立つ三上さんにも鳥肌立ちました。しかもつい数分前まで興奮の渦を巻いてた会場を、一瞬で三上さんの世界観に引きずり込む存在感。「役者が違う」とは、こういう方がいるから生まれた言葉なんですね


写真は全てTHE MANの専属カメラマンになりつつある山本美千子さんのもの。

最後に、空港に送る車中の中で三上さんがお話されていたことを皆さんにもお裾分け。

「叶えたいことや実現したいことは口にだして言葉にするべき。言葉にしてれば協力者も現れてくれるから必ず叶う。逆にネガティブなことを言葉にしてれば必ずネガティブなことが起きる。自分はラッキーなんだと思って口にしてればラッキーなことは起きるよ」

芸能界という厳しい世界の中で、今なお第一線で活躍されている三上さんの口からでる言葉。爽やかな笑顔でお話されるのですが、重みが違います。本当に有り難い。

人との出逢いが全てを連れてくる。
次回、再会できることが今からすでに楽しみです。

出演者の皆様、アーリービリーバーズの皆様、そして来てくれた皆様、ありがとうございました!次回、弊社イベントは9月21日IMSホールにてAce in the Hole10周年イベントです。お楽しみに!


BINGOBONGOSOUNDS - ゴールデンでバラエティなツアー 博多場所 -

2014.02.10(Mon)
BINGOBONGOSOUNDS - ゴールデンでバラエティなツアー 博多場所 -

九州最大級、国内屈指のクラブフェスとなる3月29日のBINGOBONGOSOUNDS。そのわずか二週間後の4月11日にもBINGOBONGOSOUNDS開催!!

今回は、2月26日にリリースされるカルメラの新作「ゴールデン・バラエティ」の発売を記念しての開催。対バンには、沖縄から全国区に人気がうなぎ昇りな「きいやま商店」

メンバーのりょうさくんとは、実は大学の同級生で彼が福岡に居た頃から仲良くさせてもらってて一緒にイベントを開催できることが嬉しい。そして地元からは、最近お世話になりっぱなしのスカロケが登場!!

分かる人には分かるこの面子...、当日は確実にお祭り確定。確変モード突入もありえます。笑

チケットは8日より発売開始。早々なSOLDOUTもありえるので、悩まれている皆様はお早めに!!


なないろのおんがく / オオタユキ

2014.01.14(Tue)
なないろのおんがく / オオタユキ

久しぶりに「なないろのおんがく」開催です。そして久しぶりに大好きなオオタが帰ってきます。とても楽しみ。

なないろのおんがく - ハローアゲイン -

日時:2014年1月31日(金)
会場:cafe dining bar 7
開場:20時
開演:21時
出演:オオタユキ
料金:1000yen (別1drink order)
主催:BINGOBONGOGROUP



BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Tracks Boys

2014.01.14(Tue)
BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Tracks Boys

[Traks Boys]
K404とCrystalによるプロデューサー/DJ・ユニット。名前の由来は使用している機材drumtraksから。
これまでにSWCよりアルバムを2タイトル、12inchを2タイトルリリース。
iTunes Music StoreのUSとの企画にてピックアップされる等、高い評価を得ている。
その他、コンピレーションへの楽曲提供やREMIXを多数手がける。
2010年には北欧ノルウェイのPrins Thomasが主催するレーベル「Internasjonal」より12インチ「Starburst」でワールドデビュー。
また、DJとして国内外のアーティストとの共演を重ねつつ、自身の主催するインダストリアル・レイヴパーティー「DK SOUND」のレジデントDJもつとめる。


BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Hiroshi Kawanabe

2014.01.14(Tue)
BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Hiroshi Kawanabe

[川辺ヒロシ]
TOKYO No.1 SOUL SETの屋台骨を支えるトラックメイカーであり、
そのバックグラウンドに不可欠なクラブDJとしての長いキャリアの中で数多くの伝説的なパーティーのフロアを沸かせてきた。

藤原ヒロシとの"HIROSHI Ⅱ HIROSHI、クボタタケシとの"SONS OF NICE YOUNG"(1996年)、DJ KENT (FORCE OF NATURE)、笹沼位吉(SLY MONGOOSE)との"GALARUDE"や、石野卓球とのユニット"InK"としても活動中。

プロデュースワークとして、小泉今日子他多数。TV、映画音楽、CM楽曲なども手掛ける。代表的なリミックス・ワークは勝手にしやがれ、ROSSO、ハルカリ、UA、フィッシュマンズ、藤原ヒロシ、TEI TOWA etc. そのどれもが必聴である。


BINGOBONGO 13th Anniversary Party / スチャダラパー

2014.01.14(Tue)
BINGOBONGO 13th Anniversary Party / スチャダラパー

■スチャダラパー
Bose、ANI、SHINCOの3人からなるラップグループ。
1990年にデビューし、1994年「今夜はブギー・バック」が話題となる。
以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。
2010年にはデビュー20周年を迎え、2月24日にベストアルバム
「THE BEST OF スチャダラパー 1990~2010」をリリース。
さらに、20周年記念イベントを東京、大阪で開催した。



BINGO BONGO

Ace in the Hole