BINGO BONGO GROUP



20140607 冷牟田竜之 presents Pulp / SPゲスト 三上博史

2014.06.09(Mon)【音楽
20140607 冷牟田竜之 presents Pulp / SPゲスト 三上博史

20140607 冷牟田竜之 presents Pulp at Early Belivers

先週のPulpにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。今回で4回目の開催となったPulpですが、今までで一番熱い夜になりました。

トップバッターのMARRRちゃんの歌声を沢山の人に聴いてもらえたのは嬉しかったし、ADAMOSTE KINGSはド迫力の演奏と定評あるMCで会場を沸かせてくれました。

そして3回目の登場となるThe Explosion。今回はVoのリンゴくんが再びJamaicaに渡る前ということもあり気合いは本番前から凄く伝わってきていましたが、最高にかっこ良かった!本音で、今福岡で一番良いバンドだと思います。彼らと何か一緒に作れていけたら楽しいだろうなと、いつもライブを見た後に思う。そんな恋をしちゃうバンドが福岡に居てくれて嬉しい。聴いたことがない方は、ぜひ聴いてみてください。

そしてトリのTHE MAN feat 三上博史。

あの会場にいた全員が目撃者ですが、あんな「圧」がかかるライブは最近そうそう見れないはず。僕も人との繋がりもあって、いろいろなライブにお誘いいただくのですが、この2〜3年で見たライブの中では、一番熱かった。どれぐらい凄かったかというと演奏始まって4曲目にはステージ前の鉄柵が壊れるほどで、その際モニタースピーカーに足を置いてオーディエンスと鬩ぎあうTHE MANの演奏がこれまたカッコよかった。

THE MANが結成した当初から、福岡のライブは制作させてもらってますが、今回のライブ、乗っけから振り切ってた演奏は「成長」とかいう言葉では収まりきれない、まさしく「化けた」という言葉がぴったりくる表現。

そんな化けた8人の男達の中に、凛とした「いでたち」で降り立つ三上さんにも鳥肌立ちました。しかもつい数分前まで興奮の渦を巻いてた会場を、一瞬で三上さんの世界観に引きずり込む存在感。「役者が違う」とは、こういう方がいるから生まれた言葉なんですね


写真は全てTHE MANの専属カメラマンになりつつある山本美千子さんのもの。

最後に、空港に送る車中の中で三上さんがお話されていたことを皆さんにもお裾分け。

「叶えたいことや実現したいことは口にだして言葉にするべき。言葉にしてれば協力者も現れてくれるから必ず叶う。逆にネガティブなことを言葉にしてれば必ずネガティブなことが起きる。自分はラッキーなんだと思って口にしてればラッキーなことは起きるよ」

芸能界という厳しい世界の中で、今なお第一線で活躍されている三上さんの口からでる言葉。爽やかな笑顔でお話されるのですが、重みが違います。本当に有り難い。

人との出逢いが全てを連れてくる。
次回、再会できることが今からすでに楽しみです。

出演者の皆様、アーリービリーバーズの皆様、そして来てくれた皆様、ありがとうございました!次回、弊社イベントは9月21日IMSホールにてAce in the Hole10周年イベントです。お楽しみに!


大名広報部長を目指して

2014.05.31(Sat)【徒然
大名広報部長を目指して

ここ最近の大名について。


Ron HermanとBEATRIUMが警固の上人橋通りの入り口にできて以降、週末の活気は大名が一番盛り上がってた2003年〜2007年の頃まではいかないまでも、再び人の波が戻ってきてるのは確か。

そして今月24日には、CHROME HEARTSの路面店がオープン。ラグジュアリーブランドの大名進出により、通りを歩く人達も以前とは違い、年齢層が高めで家族連れが多いのも最近の大名の特徴です。

僕はよくBINGOBONGOのお店の前で休憩しながら、大名を行き交う人達を観察してるのですが、そこで実によく話しかけられます。

「○○というお店はどこですか?」
「この辺で美味しいcoffeeが飲める場所ありますか?」
「古着屋さんはどこにありますか?」

などなど多くの質問を、観光客の方だけではなく、話してみると福岡在住だけど大名には初めて来たという方も沢山いらっしゃいます。

そこで最近始めたのが、twitterを使って大名のお店紹介をちょこちょこすることにしています。僕のtwitterアカウントはこちら

同業種のお店を自社でも運営してるのに、他のお店の紹介をするのはいかがなものかと社内スタッフからも突っ込みを入れられたこともありますし、多分経営者の方であればその気持ちになられる方も多いはず。

以前の僕も同じような考えでしたが最近は、まずは自分達が運営するお店がある町や区画に人を呼び込まないと中長期的な盛り上がりは作れないと感じていて、僕は大名にあるお店の魅力を少しでも多くの人に伝えられたら良いなと思っています。

例えば大名の奥のほうに僕が尊敬してやまない先輩が経営されいる『BORDER POINT』というサンドウィッチ屋さんがあります。素材のひとつひとつから厳選し拘りが詰まったサンドウィッチ。内装にいたってもオーナーのセンスが細かいところまで行き届いてて本当に素敵なお店です。


このお店を僕が紹介することによって、そのお店を知らなかった人がBORDER POINTに足を運んでくれればそれは嬉しいし、その行き道帰り道に大名の町にあるお店のひとつひとつに興味を少しでも持ってくれたら、なおよろし。

この行為によって弊社の既存の顧客様が他社様のお店に移ったり、弊社のお店も含めて興味を抱かれない、来店に繋がらないお店があるならば、それは単純に実力不足と受け取り、ブラッシュアップに励むべきだと思うのです。その切磋琢磨する良い関係が未来を切り開く可能性を秘めているのも事実。

なので、「町の武器」となるべく魅力あるお店(それがライバル店だろうが)はどんどん紹介させていただいて、町に人を呼び込むこと。それが人の波が戻りつつある大名が今成すべきことではなかろうかと思います。

だから僕は今日も呟きます。
愛すべき店愛すべき人達のことを。

とか言っちゃったりして...。

でも町作り。40という歳を前にして少しずつ興味が湧いてきたのは確か。それは最近よくある「町を盛り上げよう」という一過性のものではなく、継続して「町を作る」という行為を僕はしたい。

そこに住んでる人達、行き交う人々が町に対する帰属意識を誇りに持つアメリカのポートランドのような町が目指すべきところだと思っています。

まだ本でしか読んでいないその町の空気を吸いに、この夏行ってきます。
その話もお楽しみに。



Ace in the Hole IMS / Pulp / 三上博史

2014.05.30(Fri)【
Ace in the Hole IMS / Pulp / 三上博史

久しぶりすぎるブログ。

前回書いたのが3月26日で、それから今日まで濃い日々を送ってきたので、そうそう簡単にまとまるはずもなく、何を書いていいのか分からない。

3月29日/BINGOBONGO13周年パーティー@MILLS
4月2日〜8日/アメリカ出張
4月11日/カルメラのゴールデンでバラエティなツアー 博多場所@Early Belivers
4月18日/bonobos蔡くんのランタンナイト@cafe dining bar 7
4月20日/STEREO12周年 DJ
4月24日/TSUTAYA BOOK STOREの「私の書棚 」キュレーション
4月26日/ケバブバビデブー 立ち上げ
5月3日/Ace in the Hole IMS店 立ち上げ (内装期間3日間...)
5月5日/Meltin' Pot DJ with guest Cro-Magnon
5月13日〜20日/アメリカ出張

ずらずらと並べてみると、なかなかハードなスケジュールを送ってきていますね。笑
それもこれもIMSにAceの2号店を期間限定で出店したことと、音楽イベントをタイトなスケジュールに詰め込みすぎてる感が否めないですが、今年は攻めの姿勢で挑むと自分で決めた結果。付いてきてくれてるスタッフに感謝です。


ふたつのAce in the Hole


Ace in the Hole IMS店。美容系の店を居抜きという企画だったのですが、たった三日間でここまで可愛く仕上げれました。三日間ほぼ徹夜でAceのスタッフの子達も頑張ってくれました。


9月28日までのお店なので、ぜひ遊びに来てくださいね。空想上の女の子「アリス」の部屋をコンセプトに、大名店にもない小物などもセレクトしています。

それにしても13年間大名に拘り続けた弊社の初天神進出。勉強になること、思うこと、沢山ある日々の中、IMSにお店を出店して一ヶ月。有り難いことに天神地区の商業施設様から出店の誘致ですでに2社お誘いもいただいておりますので、秋以降も何かと動く可能性あり。面白いことが決まればまたの機会に報告しますね。

さて、最後に告知です。


今回で4回目となる「冷牟田竜之 presents Pulp」。THE MANのメジャー移籍第一弾アルバムのレコ初ライブで6月7日に開催します


今回はスペシャルゲストに、俳優の三上博史さんが出演決定。僕ら世代の方にとっては見逃せない内容となっています。詳しくはこちらをCHECK!!


その翌週は、親友の一優君のお店「一優亭」の8周年@MILLSでDJしますので、皆さん乾杯しましょう!

では、今からcafe dinig bar 7でラウンジDJしまーす。ちゃお〜。


BINGOBONGOSOUNDS - ゴールデンでバラエティなツアー 博多場所 -

2014.02.10(Mon)【音楽
BINGOBONGOSOUNDS - ゴールデンでバラエティなツアー 博多場所 -

九州最大級、国内屈指のクラブフェスとなる3月29日のBINGOBONGOSOUNDS。そのわずか二週間後の4月11日にもBINGOBONGOSOUNDS開催!!

今回は、2月26日にリリースされるカルメラの新作「ゴールデン・バラエティ」の発売を記念しての開催。対バンには、沖縄から全国区に人気がうなぎ昇りな「きいやま商店」

メンバーのりょうさくんとは、実は大学の同級生で彼が福岡に居た頃から仲良くさせてもらってて一緒にイベントを開催できることが嬉しい。そして地元からは、最近お世話になりっぱなしのスカロケが登場!!

分かる人には分かるこの面子...、当日は確実にお祭り確定。確変モード突入もありえます。笑

チケットは8日より発売開始。早々なSOLDOUTもありえるので、悩まれている皆様はお早めに!!


歴史が刻まれたもの

2014.02.09(Sun)【徒然
歴史が刻まれたもの

先週の火曜日よりアメリカに来ています。


いつもは広い空や青い海、ギラギラしたラスベガスの夜の写真を載せるのですが、今日はボロボロの地図。

8年ぐらい使ってるこの地図は沢山の箇所が破れ、場所によってはセロハンテープで補強しながら使っています。新しいものはすぐに買えるけど、使い続けるのには理由がある。

それは「字」を大事にしてるから。

長年使ってるだけあってこの地図には、一緒にアメリカで仕事をしてきたスタッフ達がいろいろなことを書き込んでいます。


この地図にも4人の字があり、その字を見る度にその時のことや昔のことを思い出させてくれるタイムマシーンアイテム。

記憶に残る言葉と違い、消さなければ消えない書いた字はこうやって未来に残りやすいものだから、良いものだなぁと思います。

そしてまた顔や性格のように個性があるのもいい。

こんなことを書くと過去の想い出に浸ってると言われそうですが、そうではなく、言葉を交わすのと同じぐらい、手紙のやりとりとかするのも悪くないんじゃないかというお話でした。

汚い字と悩んでる皆さん、それもまた個性だと思いますよ。


なないろのおんがく / オオタユキ

2014.01.14(Tue)【音楽
なないろのおんがく / オオタユキ

久しぶりに「なないろのおんがく」開催です。そして久しぶりに大好きなオオタが帰ってきます。とても楽しみ。

なないろのおんがく - ハローアゲイン -

日時:2014年1月31日(金)
会場:cafe dining bar 7
開場:20時
開演:21時
出演:オオタユキ
料金:1000yen (別1drink order)
主催:BINGOBONGOGROUP



BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Tracks Boys

2014.01.14(Tue)【音楽
BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Tracks Boys

[Traks Boys]
K404とCrystalによるプロデューサー/DJ・ユニット。名前の由来は使用している機材drumtraksから。
これまでにSWCよりアルバムを2タイトル、12inchを2タイトルリリース。
iTunes Music StoreのUSとの企画にてピックアップされる等、高い評価を得ている。
その他、コンピレーションへの楽曲提供やREMIXを多数手がける。
2010年には北欧ノルウェイのPrins Thomasが主催するレーベル「Internasjonal」より12インチ「Starburst」でワールドデビュー。
また、DJとして国内外のアーティストとの共演を重ねつつ、自身の主催するインダストリアル・レイヴパーティー「DK SOUND」のレジデントDJもつとめる。


BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Hiroshi Kawanabe

2014.01.14(Tue)【音楽
BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Hiroshi Kawanabe

[川辺ヒロシ]
TOKYO No.1 SOUL SETの屋台骨を支えるトラックメイカーであり、
そのバックグラウンドに不可欠なクラブDJとしての長いキャリアの中で数多くの伝説的なパーティーのフロアを沸かせてきた。

藤原ヒロシとの"HIROSHI Ⅱ HIROSHI、クボタタケシとの"SONS OF NICE YOUNG"(1996年)、DJ KENT (FORCE OF NATURE)、笹沼位吉(SLY MONGOOSE)との"GALARUDE"や、石野卓球とのユニット"InK"としても活動中。

プロデュースワークとして、小泉今日子他多数。TV、映画音楽、CM楽曲なども手掛ける。代表的なリミックス・ワークは勝手にしやがれ、ROSSO、ハルカリ、UA、フィッシュマンズ、藤原ヒロシ、TEI TOWA etc. そのどれもが必聴である。


BINGOBONGO 13th Anniversary Party / スチャダラパー

2014.01.14(Tue)【音楽
BINGOBONGO 13th Anniversary Party / スチャダラパー

■スチャダラパー
Bose、ANI、SHINCOの3人からなるラップグループ。
1990年にデビューし、1994年「今夜はブギー・バック」が話題となる。
以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。
2010年にはデビュー20周年を迎え、2月24日にベストアルバム
「THE BEST OF スチャダラパー 1990~2010」をリリース。
さらに、20周年記念イベントを東京、大阪で開催した。


BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Kaoru Inoue

2013.12.25(Wed)【音楽
BINGOBONGO 13th Anniversary Party / Kaoru Inoue


こちらのブログでは、アップしていなかったことが判明。。

昨日、Force Of Natureの出演を発表しましたが、一組目の発表では井上薫さんの出演を発表させていただいてます。すでに沢山の出演者が決まってる中、昨日も大物ミュージシャンの方から嬉しい参加表明の声をいただきました。皆様、こうご期待ください。

■Kaoru Inoue
DJ/プロデューサー。神奈川県出身。高校時代から20代前半までパンク~ロック・バンドでのギタリスト経験を経て、Acid Jazzの洗礼からDJカルチャーに没入する。94年より"chari chari"名義で音楽制作も本格的にスタート。"真空管"、"MIX"、"BLUE"、"WEB"などの都内クラブで活動を続け、99年"chari chari"として、あらゆる音楽体験を昇華した1stアルバム「spring to summer」をリリース。以降、リリース作品、リミックスは多岐に渡る。以降の主なリリースは"chari chari"「in time」、"Kaoru Inoue"「The Dancer」。03年よりレーベル"SEEDS AND GROUND"を主宰。またDJの他、小島'DSK'大介とのミニマル・ギター・デュオ"Aurora Acoustic"などプレイヤーとしても活動中。これまで国内外のクラブ、または野外フェスティバルなどで数えきれないくらいのDJギグ、ライブ等を行ってきた。現在レジデント・パーティー"groundrhythm" @ AIRを拠点に活動中。2010年8月、Kaoru Inoue 2ndアルバム『Sacred Days』をSeeds And Groundよりリリース。以降、PCを使ったElectronic Liveも開始。2012年9月、3rdアルバム『A Missing Myth』をリリースし、長年の活動の集大成的な内容と話題になった。2013年現在、盟友CALMの新プロジェクト"Cosmic Blessing Ensemble"への参加や、自身の新プロジェクトなど、クラブという枠組みをも超えた活動が期待される。



BINGO BONGO

Ace in the Hole